Odoo 在庫管理の主な機能

機能 内容
倉庫・ロケーション 在庫管理の実態に合わせ、倉庫やロケーションを柔軟に構成することができます。
保管ロット(手持在庫明細) 入出庫等の在庫移動オペレーションのたびに保管ロット(手持ち在庫明細情報)が更新されます。保管ロットには在庫作成日・ロケーション・数量・単価等の情報が保持されます。
引当方針 製品カテゴリごとに先入先出(FIFO)・後入先出(LIFO)・有効期日順(FEFO)の引当方針が選べます。
ルート管理 受注生産/受注発注、安全在庫基準の調達、在庫転送オーダ自動生成等、さまざまな業務/物流シナリオに柔軟に対応します。
実地棚卸 在庫一覧を印刷したり、差異を取り込むための機能があります。在庫調整の有効日に過去会計期間を指定することも可能です。

販売/購買/生産との連動
販売・購買・生産等の機能とスムースに連動します。ERPシステムとして、在庫管理のみのシステムでは実現しようのない利便性が確保されます。
ロット/シリアル番号管理 製品ごとにロット/シリアル番号管理を行うか指定できます。ロット/シリアル番号をもとに、過去の在庫移動履歴を追うことができます。
会計との連動 製品の入出庫や棚卸差異入力の際に自動的に会計仕訳を生成することで、月次締処理での計算・仕訳入力作業負荷を抑えることができます。

Odoo 在庫管理紹介ビデオ

詳しい説明が必要でしたら お問い合わせはこちら