Odooユーザガイド_会計基本設定1

パブリック / ユーザガイド

Share on Social Networks

Share Link

Use permanent link to share in social media

Share with a friend

Please login to send this presentation by email!

Embed in your website

Select page to start with

Post comment with email address (confirmation of email is required in order to publish comment on website) or please login to post comment

6. 6 会計モジュールインストール(続き) インストールが完了すると、関連のメニュー項目が表示される

1. 会 計基本設定 (1) Odoo ユ ーザガイド

5. 5 会計モジュールインストール(続き) 会計オプション設定を更新 日本で使用する場合は、仮受消費税・仮払消費税を 指定しましょう 会社の基本通貨を指定 デフォルト販売税・購買税を指定

7. 7 勘定科目設定調整 【 会計>設定>勘定科目>勘定科目 にて 】 過不足がある場合は、適宜 「削除」、「作成」、「編集」で 内容調整します 会計パッケージよりロードされた勘定科目の定義を確認

3. 3 会計モジュールインストール 【 設定>モジュール>インストール済モジュール にて 】 「会計・財務」( account_accountant )をインストール 読込にしばらく時間がかかります。 後続のウィザード画面が表示されます

10. 10 会計設定調整 【 設定 >設定>会計 にて 】 「多通貨を許可」にフラグを立てると、 為替差益・差損勘定項目が表示 されます。 然るべき勘定を選んでください 自 社の会計要求に基づき設定を調整 仕訳の小数点精度を 0 にする JPY の仕訳金額は整数に丸めます(四捨五入) 多通貨を許可

9. 9 通貨 設定調整(続き) JPY (基本通貨)の設定を調整 「丸め係数」を 1.0 にする 「基本」にフラグを立てる レートを 1.0 で登録しておく このステップは「基本」にフラグ を立てる前に行ってください 他の通貨の設定を調整 換算レートを登録 基本通貨 1 に対するレートを設定します

2. 2 • この資料では、次の会計関連基本設定につき 簡単に説明します – 会計モジュールインストール – 勘定科目設定調整 – 通貨設定調整 – 会計設定調整 • 想定シナリオ – 日本国内で使用 – 勘定科目表はコミュニティモジュール「商社・サービス業向け勘 定科目表」を使用 – 多通貨設定。基本通貨は日本円 はじめに

4. 4 会計モジュールインストール(続き) ウィザー ド 画 面にて会計パッケージを選択し、 会計年度設定を調整 期間 は「月次」もしくは「 3 ヶ月毎」から選択できます 各国ローカライズ モジュールから選択 できます 「 Japan – Accounting for Trading/Service Industry 」 を選択 選択したパッケージより勘定科目の定義がロードされます。 後ほ ど必要に応じて、ロードされた内容に調整を加えます 自社の会計期間に合わせて日付範囲を調整

8. 8 通貨 設定調整 【 会計 >設定>その他>通貨 にて 】 不要な通貨を無効化 Odoo では、初期設定として全ての通貨が有効と なっています。オペレーションに混乱を来す可能性が ありますので、不要な通貨は無効化することを お勧めします。 CSV ファイルのインポートで手早く無効化できます。 JPY 、 USD 、 EUR 以 外を無効化するファイル例はこちら → http :// goo.gl/mNvtjR ( CSV にダウンロードしてください)

ビュー

  • 921 Total Views
  • 620 Website Views
  • 301 Embeded Views

アクション

  • 0 Social Shares
  • 0 Likes
  • 0 Dislikes
  • 0 Comments

Share count

  • 0 Facebook
  • 0 Twitter
  • 0 LinkedIn
  • 0 Google+

Embeds 2

  • 3 www.odoo-asia.com
  • 2 odoo-asia.com